メイン画像

飾り微生物について

飾り微生物はどんな生き物?

人間の肉眼で見ることができない微小な生物全般を指します。
それらは単細胞で構成されています。

その種類は非常に多く、大腸菌やビフィズス菌などの細菌類だけでなく、珪藻や藍藻などの藻類や、アメーバやゾウリムシなどの原生生物、カビ類などの菌類、そのほかワムシのようなごく小型の動物や粘菌も微生物に含まれます。

有機物質を無機物に変える分解者としてだけではなく、他の生物のえさとなるなど食物連鎖の重要な一角を担っています。

微生物の種類

飾り微生物のはたらき

お酒、しょうゆ、味噌、チーズ、かつおぶし……これらの発酵食品を作るには微生物による発酵が必要不可欠です。
食品だけではなく農業においても、飼料や肥料作りの際の発酵や窒素固定など、微生物の能力が利用されています。

また、微生物の作り出す物質は医薬品や工業用などさまざまな分野で利用されており、わたしたちの生活と微生物とは切っても切れないものとなっています。

微生物のはたらき

飾り微生物の特異性

微生物には、その性質に従って「特定の物質は分解できても、他の物質は分解できない、しにくい」という性質があります。
つまり、微生物はそれぞれの物質を分解することに特化した個性の持ち主だとも言えます。

微生物による環境修復・バイオレメディエーションも、これらの個性を見つけ出し、汚染物質にあわせて微生物を選ぶことによって環境を浄化する微生物の利用法のひとつです。

変わった特異性をもつ微生物としては、ある種のプラスチックを分解できる細菌が発見されている他、石油を分解するものや、猛毒のダイオキシンやシアン化合物を分解するものまでいます。

地球上には、まだわたしたちの知らない特異性を持つ微生物がいるかもしれません。
このような微生物を発見することが出来れば、従来微生物によっての分解が出来なかった廃棄物も微生物分解が可能になる可能性が十分にあります。

微生物の特異性

飾り人間と微生物~人間は微生物なしでは生きていけない~

微生物は肉眼で見ることこそできませんが、実は身近のあらゆる場所に存在し、私たちのくらしの中に驚くほど深く関わっています。

たとえば食品などを腐敗を引き起こす腐敗菌や、食中毒や感染症などの病原体になることもあるサルモネラ菌やボツリヌス菌、ノロウイルスやインフルエンザウイルスも微生物の一種です。
病原性を持つ微生物は、微生物全体の中では非常に少数ですが、人間との係わり合いは非常に深いものです。

人間と微生物

人間の脅威となる微生物がいる一方で、人体の安全を守っているものもまた微生物です。
体表には常在菌と呼ばれる微生物が存在し、皮膚のバリア機能を正常に保ち外界から病原菌が侵入するのを防いでいます。
また体内においても、腸の中には100兆以上の腸内細菌が存在し、100種類以上もの細菌がそれぞれにバランスを保ちながら生態系を作り上げ腸内を健康に保っています。
糞便のうち約半分は腸内細菌またはその死骸であるといわれています。
他にも、アオカビの一種がつくるペニシリンなど、病原性の微生物を抑えるはたらきのある抗生物質を産するものもまた微生物です。

人間と微生物02

この世に微生物がいなければどうなってしまうのでしょうか。
味噌やしょうゆ・ヨーグルトなど美味しい発酵食品が作れないことはもちろん、死骸や排泄物は分解されないまま地表に残り、 汚れた環境は浄化されないまま荒れる一方、植物の栄養源となる無機質の供給が為されないためあらゆる植物が育たず、地球は荒れ果てた土地となってしまうことでしょう。
また、人体の内外に棲む常在菌がいなければ健康バランスを保つのが困難となってしまうほか、抗生物質などの薬も作ることができません。

微生物たちは私たちの目に見えないところで懸命に生き、人間をはじめとする地球上の生き物が生活するためのさまざまな環境を整えています。
彼らとの共存無くして人類は存続し得ないのです。